外壁塗装の費用と相場

外壁には、大きく2つの役割があります。
ひとつは、建物を美しく見せるという美観上の役割と、直射日光や風雨などの外的な影響から建物を守る役割です。

普通外壁材の表面は塗装されていますが、塗装は永久的なものではなく劣化していきます。
塗膜の劣化により防水効果がなくなり、傷んだり、ヒビ割れと塗膜の劣化により、木部に水が浸入したりするのです。

耐久性があるといわれる建物でも永久にその状態を維持することはできません。
メンテナンスをしないままでいると、劣化が進み、やがて住宅そのものの耐久性を低下させてしまいます。

雨風や紫外線などにさらされると外壁は、色あせが起こります。この状態で外壁リフォームをすれば間に合いますが放置される方が多いようです。

色あせが進むと、劣化した部分から雨水や湿気が浸入し、壁の腐食が始まります。

壁の腐食を放置しておくと、さらに劣化が進み、外壁表面にひび割れや剥がれなどが起き、シミなどもできてしまいます。もうこうなると、メンテナンスが必要です。

メンテナンスをせずに10年を経過すると躯体本体を傷め、断熱材の機能までも損なってしまいます。それにより結露もおき易く、躯体自体の腐食という最悪の状態となり、家全体の建替えをしなければならなくなってしまいます。

それをを防ぐ為には、一定期間ごとに外壁の塗り替えが必要となります。

その場合、何年か経つとまた劣化する為、再度塗り替える必要があります。
外壁が古くなってくると訪問営業の外壁塗装業者がやってきて「今ならこれだけ安くします」と営業をかけてきます。

でもちょっと待ってください。その見積もりは相場と比較して本当に適正でしょうか。
訪問業者の言ったことを鵜呑みにせず、一度、家の外壁塗装を参考にしてみてください。
複数の塗装業者と比較してみることをおすすめします。