外壁塗装の費用と相場

外壁には、大きく2つの役割があります。
ひとつは、建物を美しく見せるという美観上の役割と、直射日光や風雨などの外的な影響から建物を守る役割です。

普通外壁材の表面は塗装されていますが、塗装は永久的なものではなく劣化していきます。
塗膜の劣化により防水効果がなくなり、傷んだり、ヒビ割れと塗膜の劣化により、木部に水が浸入したりするのです。

耐久性があるといわれる建物でも永久にその状態を維持することはできません。
メンテナンスをしないままでいると、劣化が進み、やがて住宅そのものの耐久性を低下させてしまいます。

雨風や紫外線などにさらされると外壁は、色あせが起こります。この状態で外壁リフォームをすれば間に合いますが放置される方が多いようです。

色あせが進むと、劣化した部分から雨水や湿気が浸入し、壁の腐食が始まります。

壁の腐食を放置しておくと、さらに劣化が進み、外壁表面にひび割れや剥がれなどが起き、シミなどもできてしまいます。もうこうなると、メンテナンスが必要です。

メンテナンスをせずに10年を経過すると躯体本体を傷め、断熱材の機能までも損なってしまいます。それにより結露もおき易く、躯体自体の腐食という最悪の状態となり、家全体の建替えをしなければならなくなってしまいます。

それをを防ぐ為には、一定期間ごとに外壁の塗り替えが必要となります。

その場合、何年か経つとまた劣化する為、再度塗り替える必要があります。
外壁が古くなってくると訪問営業の外壁塗装業者がやってきて「今ならこれだけ安くします」と営業をかけてきます。

でもちょっと待ってください。その見積もりは相場と比較して本当に適正でしょうか。
訪問業者の言ったことを鵜呑みにせず、一度、外壁塗り替えナビを参考にしてみてください。
複数の塗装業者と比較してみることをおすすめします。

期限切れの自動車免許

車を毎日運転している人。
はたまた、たまにしか運転していない人。
あるいは、全く運転していないペーパードライバー状態の人。

それでも、自動車免許は免許。例えそれがゴールド免許であっても見た目は一緒なんですよ。

そうそう、身分証明書なんてことでどうかしら??

とは言え、折角取った自動車免許。
無駄にすると結構後悔。
かなり後悔するでしょう。

自動車教習所はどんな思いで通いましたか??

お金の工面。
大変だったかしら??

時間の拘束。
結構厳しかったのでは??

車の免許を取るという事。
免許を取って車に乗れるって言えば簡単に聞こえますが、結構大変。

そんな自動車免許の使い道。
仕事で運転している人なら必須アイテム。

休日遊びで運転する人にも欠かせません。

自動車免許ってきちんと有効活用しないとね。
イコール安全運転は忘れずに。

でもって、更新する事もね。
誕生日前後1ヶ月の更新期限が切れてしまうと失効してしまいます。

失効後半年以内ならまだ規定の講習を受けるだけで再発行してもらえますが入院や海外旅行、海外勤務など特別な理由が無い限り自動車免許を失効して半年を過ぎてしまうと免除されるのは仮免まで、1年を過ぎてしまうと最初から自動車免許の取り直しとなってしまいます。

要は自動車免許もただの紙切れって事。

教習所に通った時の時間とお金が無駄になる・・・。
後悔してもしきれなさそう。

自分の自動車免許。
しっかり管理しておきましょうね!

定期保険と終身保険

生命保険の定期保険と終身保険。
これら二つの保険は死亡時に支払われるものという共通点があります。

掛け捨てで比較的安価な定期保険ですが、契約期間が過ぎると一切支払われず、また死亡時のみの支払いとなる為、
デメリットも大きいです。

もちろん掛け捨てのため、必要がなくなればいつでも契約を解除することができる点はメリットとは言えますが・・・。

そんな定期保険にもいくつか種類があります。

一つは、10年間と契約期間を定め、その間の保障をするもの。
しかしながら、10年後の更新はその時の年齢で契約するため、値段があがります。

また契約を更新しなければ、10年間の保険料は掛け捨てであるため、一切戻ってきません。

次に契約期間を10年などという短いスパンではなく、退職までの保障とした場合は、掛け金としては少し高く
はなりますが、更新時の保険料の値上がりがないため、全体的に見れば安く済みます。

主にこの二つが定期保険の主流と言えると思います。
保険相談と借金相談

女性特有の保険に注目!

最近保険と言う項目において、女性が大きく取り上げられている気がします。 そうそう、女性特有の保険の存在も目立ってきていますよね。
女性の病気。 男性にはもっぱら無縁の存在。

乳がん・子宮がん。 そのほかにも色々と存在するのは確か。
その為にも女性特有の保険が大活躍するのです。

加入して損は無い。 でもでも、総合的な保険料を考えると悩み所。
あれもこれもって考える方は、いろいろと検討しましょう。
女性にとってはあリがたい存在。 それだけは頭の片隅にでも。

保険の支出。 色々悩みますよね。
たかが保険、されど保険。 何も無く健康な時は単なる高いお守り程度。 とは言え、何かあったときにはかなり大きな存在に。

加入して損はないとは思うけれど、 色々と考えてしまうのは事実。
家庭を持っているのならば 旦那さんの保険。 自分の保険。
子供がいるのならば、子どもの保険も大事ですよね。
頭が痛い・・・。

でもでも、きちんと整理して、 後悔しないようにしましょうね。
保険について