定期保険と終身保険

生命保険の定期保険と終身保険。
これら二つの保険は死亡時に支払われるものという共通点があります。

掛け捨てで比較的安価な定期保険ですが、契約期間が過ぎると一切支払われず、また死亡時のみの支払いとなる為、
デメリットも大きいです。

もちろん掛け捨てのため、必要がなくなればいつでも契約を解除することができる点はメリットとは言えますが・・・。

そんな定期保険にもいくつか種類があります。

一つは、10年間と契約期間を定め、その間の保障をするもの。
しかしながら、10年後の更新はその時の年齢で契約するため、値段があがります。

また契約を更新しなければ、10年間の保険料は掛け捨てであるため、一切戻ってきません。

次に契約期間を10年などという短いスパンではなく、退職までの保障とした場合は、掛け金としては少し高く
はなりますが、更新時の保険料の値上がりがないため、全体的に見れば安く済みます。

主にこの二つが定期保険の主流と言えると思います。
保険相談と借金相談

コメントは受け付けていません。